01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

うさぎのひとりごと

2016.02.14 (Sun)

いつだったか…

薬師丸ひろ子がTVの番組で「時代」を歌っていた…

歌姫はとても素晴らしかった…



先日ふと思い立ち…「時代」のオリジナル

中島みゆきの歌声が聞きたくなって

You tubeで映像を見つけた…

歌詞は全部でなく約1分40秒ほどだった…



以前から、「時代」は何度も耳にしているはずであるが…

涙があふれ出てきた…



中島みゆきは…女神だった…



この感動を、ことばでくくってしまうのが、

とても惜しいような気がする…

ことばという枠組みで表しきれないほど…

心が揺さぶられた感じがした…



私の世の中の捉え方が変わったのだろうか…



この2年間、大学でいろんな学びを得た…

古典にも触れてみた…

代表的なものに、竹取物語や、源氏物語がある…どちらも愛と別離の物語だ…

この二つは、時空を超えた愛や悲しみを綴った物語であることが分かった…



男女の愛…親子の愛…愛とはなにか…

人は何を求めて生きているのか…何が大切なのか…

どんなに愛していても、人である以上、必ず別れがやってきて…

どのような別れ方であっても、愛する者を失う喪失感は、

わが身に苦痛をもたらす…といったメッセージが伝わってきた



極楽往生や輪廻転生を信じるとするならば、

愛する人と再会するためには、極楽に留まらず

もう一度生まれかわってこなくてはならない…



また、現世と同じような苦しみや悲しみが待ち受けているかもしれない…

それでも、愛する人とのこの上ない幸せを…分かち合うために…

愛する人の笑顔に会いたいから…

私たちは、生まれ変わってくるのかもしれない…



来世での素晴らしい再会の時を信じることで…

今は、苦しくて笑顔になれなくても、

大切な人が傍にいなくても、

毎日をやり過ごすことができているのかもしれない…



今はただ…静かに祈りを捧げることしかできないけれど…



そうした意味で中島みゆきの「時代」は…

時空を超えた…愛の歌なのかもしれないと…

私は思っている…






*******


「時代」      作詞・作曲 中島みゆき  



  今はこんなに悲しくて

  涙もかれ果てて

  もう二度と笑顔には

  なれそうもないけど




  そんな時代もあったねと

  いつか話せる日がくるわ

  あんな時代もあったねと

  きっと笑って話せるわ

  だから今日は

  くよくよしないで

  今日の風に吹かれましょう



  まわるまわるよ

  時代はまわる

  喜び悲しみくり返し

  今日は別れた恋人たちも

  生まれ変わって

  めぐりあうよ




  旅を続ける人々は

  いつか故郷に出会う日を

  たとえ今夜は倒れても

  きっと信じてドアを出る

  たとえ今日は

  果てしもなく

  冷たい雨が降っていても



  めぐるめぐるよ

  時代はめぐる

  別れと出会いをくり返し

  今日は倒れた旅人たちも

  生まれ変わって

  歩き出すよ



  まわるまわるよ

  時代はまわる

  別れと出会いをくり返し

  今日は倒れた旅人たちも

  生まれ変わって

  歩き出すよ



  今日は倒れた旅人たちも

  生まれ変わって

  歩き出すよ…





           シャボン玉




スポンサーサイト
17:49  |  未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。